人の耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分けられますが、この中耳に様々な黴菌やウィルスなどが感染することで発赤等の炎症が発生したり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼んでいます。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を低下させたり突然変異をもたらす害のある物質を体の内部で無毒化し、肝臓の動作を良くする役目が分かっているのです。
基礎代謝というものは人間が横たわっていても使ってしまう熱量であり、半分以上を体中の筋肉・最も大きな内臓である肝臓・頭部の脳が使っているというのが今や常識となっています。
めまいが出ず、強い耳鳴りと難聴のみを幾度も発症する症例の事を区別して「蝸牛型メヌエル病」という病名で診断する事例がままあります。
緊張型頭痛とはPC使用などによる肩こり、首凝り、張りが因子の患者数が多い慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重いような頭痛」と言い表されることが多いようです。

人間の体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖質、細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、過度のダイエットではこの体を維持するために外せない栄養までもを欠乏させてしまっている。
流感とも呼ばれるインフルエンザに適している予防法や手当といった類の必須の措置は、それが季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでもほとんど変わりません。
これには、LUXEスカルプシャンプーが効果あり。
薬、酒に含まれるアルコール、合成保存料を始めとした食品添加物などの物質を酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓の担う大切な役割分担のひとつであることは間違いありません。
鍼灸用のはりを患部に刺す、という物体的な多数の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号の伝達を発生させるという見方が浸透しています。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの値によって確認することができますが、ここ数年で肝機能が悪くなっている人達が徐々に増えているということが危険視されています。

2005年(H17)年2月以後新しく全ての特定保健用食品の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のコピーの記述が義務となった。
ヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあってクッションみたいな役割を担っている椎間板(ついかんばん)というやわらかい円形の線維軟骨がはみ出た様子のことを示しています。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛ぶ量に沿って酷くなってしまう特性があるのです。
真正細菌の一種である結核菌は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることで室内に放たれ、空中にフワフワ漂っているのを今度は違う人が呼吸の際に吸い込むことによって拡がります。
ふと気が付くと横向きになったままTVを眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、ハイヒールなどを日常的に履いたりというようなことは体の均衡を乱れさせてしまう要因になります。