ばい菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺の中へ侵入して罹患してしまい、肺そのものが炎症反応を起こしている容態を「肺炎」と診断しています。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で比較的子供に多く起こる病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の発熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(みみだれ)などが出ます。
老化による難聴では時間をかけて聴力が低下していきますが、大体は60歳過ぎまでは耳の衰退をあまり把握できないものです。
いんきんたむしとは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われている、カビの一種の白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、尻などに感染、もしくは定着してしまった病気であり即ち水虫のことです。
開放骨折してかなり出血した時に、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、意識喪失などの不快な脳貧血症状が引き起こされる時があります。

ちょっとした捻挫と決め込んで、包帯やテーピングテープで適当に固定し、様子を窺うよりも、応急処置を終えたらすぐに整形外科医に診察してもらうことが、快癒への近道となるのです。
エイズウイルス(HIV)を持っている精液、血液、腟分泌液、母乳、唾液といった様々な体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口等に触れると、感染の危険性が大きくなります。
LUXE(ラグゼ)スカルプシャンプーの評価・口コミを徹底検証
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈バイパス手術(CABG)」の両方の技術が精力的に用いられています。
心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が狭くなってしまい、血流が途絶え、欠かせない酸素や栄養が心筋に送られず、筋肉細胞自体が機能しなくなるという怖い病気です。
1回永久歯の周りを覆っている骨を脆くさせるほど拡大してしまった歯周病は、おそらく進行具合そのものが和らぐことはあっても、エナメル質が元通りに復元されることはないに等しいと言われています。

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)などの数値でモニターできますが、ここ数年間で肝機能が充分ではない日本人が明らかに増加傾向にあるということが危険視されています。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて喫煙する事・アルコールを毎晩飲む事・肥満症等の生活習慣の変化、ストレスによって、ここ数年日本人に多く発症している病気なのです。
エイズはHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全となって健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがん等を併発してしまう症候群のことを指しています。
ハーバード医科大学の調査によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上デカフェコーヒーを代用すれば、驚くことに直腸がんの発病率を約半分も減らせたらしい。
基礎代謝(BM)とは人間が何もせずにじっとしていても使用する熱量であり、その半分以上を体中の筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳で使うのです。