人は年をとると、髪の毛が薄くなっていきます。
これはもう、誰も逃れることができません。そういう宿命なのです。
また、年をとると更年期になって様々な更年期障害も出てきます。
そんな障害についてまとめてみました。

更年期障害はインフルエンザに関係があった?

30才から39才までの間に更年期になるとしたら、医学的な用語で表現するとPOF(Premature Ovarian Failure)という病を指します(この国では40歳未満の女性が閉経するケースを「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義付けています)。

食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、多忙によるストレス、老化など多様な因子が集合すると、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。

毎年流行するインフルエンザに適応した予防方法や手当といった原則施される措置自体は、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであっても同じです。

肝臓をいつまでも元気にキープするためには、肝臓の毒素を分解する作用が衰退しないようにする、とどのつまり、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に実行することが有効でしょう。

基礎代謝(BM)とは人間が何もせずに動かなくても燃焼するエネルギーのことで、その半分以上を様々な骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で占めると考えられているようです。

更年期は骨折に要注意

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、1週間もきちんと処方薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが根治したことを意味しないのです。

体脂肪の量はさして変動がなく、体重が食事・飲酒や排尿等で一時的に増減するようなケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上昇することがわかっています。

自転車事故や屋根からの滑落など、著しく大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の個所に骨折がもたらされたり、開放骨折に至ったり、重症の時は臓器が損壊することも考えられます。

欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が切れてから4週間後には、製薬市場の約8割がジェネリック医薬品(後発医薬品)に変更される医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界中に採用されています。

くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギー源である花粉の飛ぶ量に沿って酷くなってしまうというデータがあるとわかっています。

薄毛への影響性について

めまいは無いのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを幾度も発症するパターンのことを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶケースがあるということはあまり知られていません。

子どもの耳管の特性は、大人と比較して幅広で短めで、又ほぼ水平になっているため、細菌が入り込みやすくなっているのです。小さな子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関わっています。

AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染により罹患するウイルス感染症のことで、免疫不全へと至り些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍を併発してしまう病状全般を指し示します。

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、両手両足が無感覚になったり脚の著しいむくみなどが典型で、進行すると、最も重症の場合、心不全を連れてくる可能性があるようです。

天然の化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓が持っている解毒酵素自体の創造を促しているかもしれないという新たな可能性が判明しました。

更年期は薄毛と関係がない?

更年期障害になった人が、みんな薄毛になるわけではないということがわかりました。
どちらも加齢によるものですが、薄毛はしっかりと予防することができます。
例えば、こちらの育毛シャンプーを使ってください。
薄毛をしっかりと予防し、髪にも毎日もハリをあたえます。
ちゃんと皮脂を洗い落とすのがポイントです。