30才から39才の間に更年期になったら、医学的に表すと「早期閉経」という疾患に当てはまります(この国においては40才以下の女の人が閉経してしまう症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と呼ぶのです)。
子供の耳管の作りは、大人に比べると太い上に短い形状で、加えてほぼ水平になっているため、様々なばい菌が入りやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この構造が関係しています。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、精神的なストレス、高齢化といった複数の原因が集まると、インスリン分泌が減少したり、働きが落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。
ブラッシングなどで、当事者が動物をすごく愛おしいと感じると「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを減らしたり精神のヒーリングなどに繋がっていくのです。
体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖分、新陳代謝に必須の蛋白質など、無理な痩身ではこんな様々な活動を維持するために絶対必要な要素までもを減少させてしまう。

2005/02/01以後全てのトクホの外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す日本語のプリントが義務となっている。
吐血と喀血、どちらも口からの出血に違いはありませんが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器…respiratory system)から出血する状態で、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出る状態を指しているのです。
これには、LUXEスカルプシャンプーが効果あり。
通常は水虫イコール足、ことさら足指の間にできる皮膚病として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は決して足だけではないので、全身どこにでもかかってしまう可能性があるので注意してください。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化や受動喫煙・嗜好品・脂肪過多などの生活習慣の質の低下、ストレスなどによって、殊更日本人に多い疾患です。
クモ膜下出血(SAH)は9割近くが脳動脈瘤と言われる脳の血管にできる瘤(コブ)が破裂して出血してしまう事が原因となって発病する病として知られるようになりました。

ロックのライブの開催される場内やクラブなどに備えられているものすごく大きなスピーカーのすぐ横で大音量を聞いて耳が聞こえづらくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と称しています。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人しか感じないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人以外の人にも高性能マイクロホンなどを使ってみると響いていると言われる「他覚的耳鳴り」があるそうです。
汗疱(汗疱状湿疹)とは主に掌や足裏、又は指の間などに細かな水疱が現れる病気で、普通は汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏にできると水虫と混同されることが結構あります。
WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aの著しい浴び過ぎは皮膚疾患を起こす可能性が高いとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日焼けサロンを利用する行為の禁止を世界各国に勧めている最中です。
脚気(beriberi)の症状は、主に四肢が何も感じなくなったり脚の著しいむくみなどがよく起こり、症状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全を連れてくることがあります。