現在、若年層で結核菌(けっかくきん)に抗える力の弱い人々の割合が高いことや、受診が遅れることが原因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。
グラスファイバー製ギプスは、大変強くて軽くて着け心地が良い上にとても持ちが良く、水に濡れてしまっても大丈夫という長所があるので、現代のギプスの人気製品です。
めまいが起こらず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴のみを幾度も繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という症例があるということはあまり知られていません。
BMIを求める式はどこの国も一緒ですが、数値の評価レベルは国単位で違いがあり、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定義付けています。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番代表的な中耳炎で比較的小さな子供によくみられる病気です。耐え難い耳の痛みや熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏など多岐に渡る症状が発生するのです。

肝臓を元気な状態に維持するには、肝臓の有害物質を無毒化する力が衰えないようにする、分かりやすく言うと、肝臓のアンチエイジング術に地道に取り組むことが重要だと言われています。
臓器である前立腺は働きや成長にアンドロゲンがとても密接に関係していますが、前立腺に現れたガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて大きくなってしまいます。
LUXE(ラグゼ)スカルプシャンプーの評価・口コミを徹底検証
最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病に始まるいろいろな疾患の合併症を起こす可能性があるといわれています。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されていなくても、内臓の脂肪が多く付着してしまう特性の悪い肥満症が確認される事により、深刻な生活習慣病を引き起こしやすくなります。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、小児科などの医療機関で接種するというになりました。

紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを促進するという特徴で知られており、血中のCa濃度をコントロールして筋肉の働きを調整したり、骨を生成したりしてくれます
急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・悪心・嘔吐・腹下しを伴う程度ですが、細菌性の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高熱も出るのが見分けるポイントです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が切れた4週間後には、製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更される飲み薬もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は地球上に採用されているのです。
1回永久歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるまでに悪化してしまった歯周病は、あわよくば炎症そのものが治まることはあっても、エナメル質が元の量に戻るようなことは有り得ません。
ハーバード大学医学校の調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はカフェインレスのコーヒーを飲用すれば、直腸ガン発症率を半分以上減らせたということが明らかになっている。