b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンセール2016

 

 

 

ビーグレンセール詳細は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

体の特徴に美肌と言うのは影響されますが、美肌状態を減退させるものは、大きく分けると「日焼け経験」と「シミ」の2つがあると考えられるでしょう。一般的な美白とは、美肌を遠ざけるものを予防することとも感じます
日ごろから運動しないと、体の代謝機能が不活状態に陥ってしまいます。体の代謝が下がることにより、頻繁な風邪とかその他問題の因子なるに違いありませんが、酷いニキビ・肌荒れも由来します。
肌機能回復とともに、美白を進展させる機能を持つコスメを意識的に使うと顔の皮膚パワーを高め、基本的に皮膚が持つ美白にする力を以前より強化して良い肌を作り上げましょう。
いわゆる韃靼そばに含有されているシス・ウルベン酸という名の物質の中には、チロシナーゼと名前がついている物質の血流での動きを滞らせて、美白に強く働きかける要素として目立っています。
洗顔はメイクを取り除くためにクレンジングオイルのみで、化粧はバッチリした化粧も残らず取れますから、クレンジングで化粧を落とした後に洗顔をまだやるダブル洗顔というものは避けるべきです。
基礎美白化粧品のぜひ知ってほしい力は、メラニン物質が生じることをストップさせることです。基礎化粧品と言うのは、紫外線を浴びることによって発生したばかりのシミや、まだ色が薄いうちのシミに存分に力が期待できます。
泡を切らすためや、脂でぬるぬるする箇所を流し切らないと利用する湯の温度が高温すぎると、毛穴が開きやすい顔の皮膚はちょっと薄めであるため、潤いを逃がしてしまう結果になります。
大きなニキビを作ってしまうと、是が非でも肌を清潔にすべく、合成物質を含む強力な比較的安価なボディソープを繰り返し使用するかもしれませんが、頑固なニキビを悪い状態に仕向ける最大の要因とされているため、やってはいけません。
肌の流れを改良することで、皮膚のパサパサ感を防御可能です。これと同様に体の生まれ変わり(ターンオーバー)を促し、今後の血の流れ方を良くしてくれる食物も、乾燥肌を止めるのには重要です。
しわが生まれる原因とみられる紫外線というのは、顔にできたシミやそばかすの困った理由になる絶対避けなければならない要素です。高校時代などの肌を大事にしない日焼けが、中高年になってから罰として出てくることも。
先天的な問題で大変な乾燥肌で、他は気にならないのに全体的に元気のない肌というか、肌の潤いや透明感が消えてしまっている肌環境。したがってこの場合は、食べ物に入っているビタミンCが肌を健康に導きます。
肌の乾きが引き起こす、非常に困るような細いしわは、このまま手をこまねくのなら近い将来大きなしわに進化するかもしれません。クリニックでの治療で、小さいしわのうちになんとかすべきです。
雑誌のコラムによると、20歳以上の女性のほとんどの方が『おそらく敏感肌だ』と考えてしまっている側面があります。普通の男性でも女の人と同じように感じている人は割といるはずです。
遅いベッドインとか乱れた食生活も、顔の肌のバリア機能を逓減させることになり、弱々しい皮膚を生成することが多くなりますが、毎晩のスキンケアや就寝時間を改めることなどで、傷を作りやすい敏感肌は治っていきます。
洗顔できっちりと肌の老廃物を落とすのが、改めると良いかもしれないことですが、毛穴に詰まった汚れだけでなく、必要不可欠な成分である「皮脂」も取り切ってしまうことが、顔の皮膚が「パサ」つくもとなんですよ。