2005年2月1日以降新しく特保(トクホ)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような日本語の文章を表示すること各メーカーに義務付けられている。
気分障害のうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足し、不眠、気分の落ち込み、強い疲労感、食欲低下、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が2週間以上続きます。
不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者と他の人にも高性能のマイクロホンなどを使用したりすると聞こえてくると言われている「他覚的耳鳴り」があるのです。
「いつも時間がない」「気を遣ういろんな人間関係がすごく嫌だ」「技術やインフォメーションのハイレベルな進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積される主因は一人一人違います。
ビタミンB6には、アミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギーの代謝のために必要な重要な回路に取り込ませるためになお一層化学分解することを促すという作用もあります。

アルコールをクラッキングする働きのあるナイアシンは、辛い宿酔に有効な成分です。苦しい二日酔いの素因とみられる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に関係しているのです。
体重過多に陥っている肥満は勿論摂取する食物の種類や運動不足が主因ですが、量の等しい食事をとっていても、せっかちに食べ終わる早食いをすることによって肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
こちらのサイトに説明があるとおりです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が要因で発病する湿疹で、皮脂の分泌異常の因子としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な不足等が大きいと言われているのです。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂質やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん)は、脳梗塞などの多様な疾患の合併症を誘発する可能性があります。
ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分かれていますが、中耳付近に黴菌やウィルスなどが付着して炎症が起こったり、液体が溜まる病を中耳炎と称しているのです。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通る際に一部分が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、皮膚に良くない影響をもたらすことになります。
クモ膜下出血(SAH)とは9割弱が「脳動脈りゅう」という血管が変形してできた不要なコブが破裂して出血することが原因となって発症してしまう致死率の高い病気なのです。
BMIを求める計算式はどの国でも等しく同じですが、数値の位置づけは国家単位で異なっており、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準体重、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満は低体重と決定しています。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)に分けられるのです。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさは緩やかに聴力が落ちますが、多くの人は還暦過ぎくらいまでは耳の衰えをあまり把握できません。