シャンプーは頭の皮脂を除去する作用があります。
しかし、皮脂は取りすぎてしまってもよくありません。
皮脂は頭皮を守るバリアなので、皮脂がなくなってしまうと、ダメージを直でうけてしまうのです。
他にはどんなストレスをシャンプーが頭皮へ与えているのでしょうか。

集団行動のストレス

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されていなくても、臓器の脂肪が付着するようなタイプの肥満症を持ってしまう事で、色々な生活習慣病を引き起こしやすくなります。

ブラッシングなどで、入居者さんが猫のことをとても可愛らしいと感じる時にオキトキシンというホルモンが多く分泌されて、ストレスを軽減したり心の癒しに繋がっています。

学校のような大勢での集団行動に於いて、花粉症の症状の為に皆と等しく思いきり走り回ることができないのは、患者にとっても悲しい事でしょう。

汗疱(かんぽう)は主に手の平や足の裏または指の隙間などに小さめの水疱がみられる症状で、世間一般ではあせもと呼ばれており、足の裏に現れると水虫と混同される場合が結構あります。

加齢に伴う耳の遠さでは毎日少しずつ聴力が落ちますが、普通還暦を過ぎないと耳の悪さをしっかりとは自覚できないものです。

糖尿病の人へのシャンプー

軽傷の捻挫だろうと決め込んで、包帯やテーピングなどで一応固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませてからすぐ整形外科医に診察してもらうことが、早く根治させる近道になるのです。

1型糖尿病というのは、膵臓に内在する血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことが原因となり、結果的に膵臓からは微々たる量のインスリンしか出なくなり発病してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

前立腺は生育や活動にアンドロゲン(雄性ホルモン)が非常に深く関係していますが、前立腺にできてしまったがんも同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)の力で成長してしまうのです。

今時のオペ室には、W.C.や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を用意させ、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ近辺にレントゲン撮影の専門室を併設しておくのが普通だ。

常時ゴロンと横向きのままでTVを視聴していたり、デスクの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴などを毎日履くといった癖や習慣は身体の左右のバランスが乱れる原因となります。

メタボはシャンプーをしてもいいのか

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、4~5日きちんと処方薬を飲めば、一般に8割~9割の患者さんの自覚症状は去りますが、かといって食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に治癒したことを意味しないのです。

肥満(obesity)の状態は大前提として食事の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、一緒の量のごはんだったとしても、あっというまに終了する「早食い」をしていれば肥満(obesity)を招く可能性があります。

内臓脂肪過多による肥満と診断された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上に該当する健康状態のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。

人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分かれていますが、この中耳のところにばい菌やウィルスなどがうつって炎症ができたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言うのです。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害なUV-Aの著しい浴び過ぎが肌に健康障害を招く可能性が高いとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を主に先進国に提起している最中です。

紫外線の肌へのストレスとは

紫外線は肌へダメージを与えます。
皮脂を取りすぎると直接肌へ紫外線がたどり着いてしまうのです。
なので、育毛用のシャンプーなどをつかって、皮脂を適切な状態に保つ必要があります。
適切な量の脂があれば、紫外線から肌は身を守ります。
夏は肌の露出を控えましょう。