いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と称し、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)や股間、お尻などの場所に何らかの理由でうつり、定着してしまった病気で俗に言う水虫のことです。
腰などが痛むヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間でクッション的な役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名の円形の組織が飛び出た状態を称しているのです。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に市場に出回る、新薬とまったく同一の成分で経済的な自己負担を下げられる(クスリの金額が安価な)後発医薬品のことを指します。
HMSの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーで代用すると、驚くことに直腸がんの発病リスクを半分以上も減少させることができたそうだ。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖質、人の新陳代謝に必要な蛋白質など、激しい痩身ではこの2種類に代表される体をキープするために絶対欠かせない栄養までもを減少させてしまっている。

今、若年層で咳が続く結核(けっかく)に抗う免疫力(抵抗力)を持たない人々が増加したことや、自己判断のせいで診断が遅れることが原因の集団感染や院内感染が増加傾向にあります。
悪性の腫瘍である卵巣ガンは、正常ならヒトをガンから保護する役割をする物質を作り出すための金型ともいえる遺伝子の異常で発生してしまう病気だということが分かっています。
それについてはこちらをチェック。
手ごわいインフルエンザに適応した予防の仕方や治療方法を含めた基本の対策自体は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康な人にも出現することがあるため急を要する心臓の障害ではないと考えられていますが、例えば発作が再三出る場合は危ないのです。
チェルノブイリ原発の事故のその後の追跡調査の結果によると、大人よりも未成年のほうが飛来した放射能の害を受容しやすいことが理解できます。

ばい菌やウィルスなど病気を生み出す病原微生物が口から肺に入って罹患し、肺の内部が炎症反応を示したことを「肺炎」と称しているのです。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caの吸収を補助することが知られていて、血液の中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の働きを調整したり、骨を作り出してくれます。
道路事故や建築現場での転落など、大きな外力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折がもたらされてしまったり、開放骨折に至ったり、加えて臓器が損壊してしまうこともあります。
めまいは診られないのに、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状のみを複数回発症するケースを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断する事が多いようです。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・悪心・腹下しの症状がみられる程度ですが、細菌感染による腸炎の場合は凄まじい腹痛・繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高い発熱が特徴だといえます。