「とにかく多忙だ」「気を遣う様々なお付き合いが多すぎる」「あらゆる技術やインフォメーションの進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう状況は人によって異なります。
腹部の右上にある肝臓に脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(steatosis hepatis)は、狭心症のみならず非常に多くの健康障害の合併症を招く可能性があるといわれています。
自分で外から観察しただけでは骨を折ったかどうか判別できない時は、怪我をしてしまった箇所の骨を優しく触れてみてください。もしその部分に激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒がきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒のあまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられます。
ともすると「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「排除すべきもの」と捉えがちですが、現に、我々人は大なり小なりのストレスを感じているからこそ、生活し続けることができます。

季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの膨大な研究により、予防の効能が見通せるのは、接種の2週間後から5カ月間ぐらいということが分かっています。
子供の耳管の作りは、大人と比較して幅があり長さがあまりなく、加えて水平に近いため、様々な菌が入りやすいのです。幼い子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、この事が関わっています。
こちらのサイトに説明があるとおりです。
アミノ酸のグルタチオンには、細胞の機能を低下させたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の役割を強化するような特長が明らかになっているのです。
スマートフォン使用時の小さなちらつきを和らげるレンズの付いた眼鏡が今人気を集める訳は、疲れ目のケアにたくさんの人が挑んでいるからだと推測することができます。
今時の病院のオペ室には、W.C.や器械室、準備室(preparation room)を備え、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を置くか、近距離にレントゲン撮影のための専門室を用意しておくのが慣例である。

自転車事故や山での転落など、かなり強い負荷がかかった場合は、複数の地点に骨折が発生したり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて内臓が損傷することもよくあります。
針を体に刺す、というダイレクトな多数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を引き起こすのではないかと考えられているようです。
メタボであるとは診断されていなかったとしても、臓器の脂肪が多く溜まる性質のよくない肥満に陥ることに縁って、あらゆる生活習慣病に罹患しやすくなります。
ハーバード医大(HMS)の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2杯よりも多くカフェインレスコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸ガン発病率を半分以上は減らせたらしい。
ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間にあってクッションのような役割を担っている椎間板という名称の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出た症例を称しています。